構成市の概要

                   印西市(印西市ホームページにリンク)
〒270−1396
千葉県印西市大森2364−2
印西市は、千葉県北西部に位置し、情報発信都市東京と国際空港都市成田を連結とする重要な地域にあります。市の北西部を利根川が流れ、北西部には手賀沼、南東部には印旛沼があり、自然林に代表される豊かな植生など、自然環境に恵まれています。
千葉ニュータウンは、昭和42年に計画決定され、59年に入居が開始されました。東西約18km、南北約3km、3市2村にまたがるこのニュータウンは、全体の約6割を印西市が占めています。千葉ニュータウンの発展は、周辺地域の開発など、印西市の発展にも大きな影響を与えています。
昭和29年に4ヶ町村が合併スタートした印西町は、平成8年4月1日に市制施行され、現在も千葉ニュータウンの中心都市として発展を続けています。


          白井市(白井市ホームページにリンク)
〒270−1492
千葉県白井市復1123番地
環境にやさしいまちづくりを進める、梨の花咲く健康文化都市です。
印旛地域の最西部に位置し、都心より30キロの距離あり、東部は印西市と八千代市、南部は船橋市、西部は鎌ケ谷市、北部は柏市の5市に隣接しています。昭和54年北総鉄道が開通しその沿線のニュータウン地区への入居が始まると、人口は一気に増加し平成9年には5万人を突破し、平成13年4月には「白井市」が誕生しました。
白井市は全国でも有数の梨の産地です。果樹面積は千葉県では1位、全国でも3位となっています。この様な豊かな緑を大切にまちづくりを進めていくため、平成10年1月全国の自治体に先がけ環境管理の国際規格であるISO14001を認証取得しました。